一般的な耐震診断は第2次

耐震診断をする意味

 一般的に耐震診断といった場合は、第2次のレベルの診断を指します

一般的な耐震診断は第2次

耐震診断には第1次から第3次までのレベルがありますが、第1次耐震診断は、図面上や現地で測定した寸法をもとに算出計算された数値を持って判定評価する最も簡易な方法です。

しかし実際にこの評価判定を受けて、耐震補強工事を行うには無理があるため、次の段階である第2次耐震診断を実施することになります。

第2次耐震診断とは、各フロアの柱と壁面のコンクリートと鉄筋の寸法からそのフロアが支えている建築物の重量と比較して計算算出する方法です。

コンクリートの強度、中性化の程度のテスト、クラックなどひび割れの状態、鉄筋のサビ、コンクリート面の爆裂などの建築物の劣化状況などの現地調査が必要となります。

第1次診断に比べてその評価判定の信頼性は高いものとなり、学校や都道府県や市区町村の庁舎などにおける耐震診断にもっとも使われている方法です。

一般的な耐震診断を実施するといった場合は、この第2次診断が行われることになります。

第2次診断の評価判定の結果を受けて、耐震補強工事に際しての設計が行われます。

耐震補強工事の設計は、構造計算を担当する設計者と建築物の相対的なデザインを担当する設計者、そして建築物を所有し利用している所有者が一体となって、工期や工法を検討することになります。

【 イエイ耐震診断で地震の不安を解消しましょう! 】

Copyright (C) www.soleil-xo.com. All Rights Reserved.

耐震診断をする意味