» 未分類のブログ記事

八重山・石垣そば

| 未分類 |

沖縄県の石垣島、八重山地域で愛されているのが八重山そばです。

沖縄そばの派生ですので似てはいますが、味や麺の形状、具材が若干違います。

スープは沖縄そばに比べほんのりとした甘みが特徴的で、麺は縮れがない細くて丸い物が使われています。

沖縄そばでは、皮付きの豚ばら肉である三枚肉が使われますが、八重山そばでは豚肉の赤みを醤油などで煮てあるものを使用します。

そして、沖縄そばにも欠かせないかまぼこを、千切りにして乗せます。

沖縄そばでは紅しょうがが乗せられることも多いのですが、八重山そばでは紅しょうがはあまり使われないようです。

独自のスタイルとしては、ピパーツと呼ばれる島胡椒で好みの味に調節できるようです。

沖縄本島でも、八重山そばという看板を掲げる店もあり、沖縄そばの中でも人気のあるそばの一つだと言えそうです。

沖縄そばでありながら、独特の成長を遂げた、地域性のあるそばたちの中でも、お気に入りの一杯が見つかると、

沖縄旅行も楽しくなるのではないでしょうか。沖縄は、見ても、食べても、動いても楽しめる場所です。素敵な沖縄を存分に味わいたいですね。

大東そば

| 未分類 |

沖縄県の大東諸島で愛されている大東そばは、手打ちの麺が特徴的なそばです。

実は大東諸島には一軒しかそば屋が存在せず、大東そばと説明をする場合は、実質的にこのお店で出されるそばの事を指すことになります。

大東そばを提供する、元祖大東そばいさ食堂は南大東島にあります。

手打ちの麺は茹で置きなどはせず、生めん特有のコシがあります。

材料は小麦粉に深層水と、灰汁の上澄みを加えて作られ、その昔かんすいが手に入りづらかったころの、沖縄そばの作り方と似ています。

太くて不揃いな麺ですが、非常に人気が高く、今では沖縄本島にも製麺所が作られるほどとなっています。

本島には、系列の店も展開しており、南大東島に向かわなくても、大東そばを味わうことが可能です。

本島にある大東そばのお店では、大東寿司も食べられるということで、寿司と大東そばを楽しむお客さんも多いようです。

スープはあっさり系で、具は沖縄そばと同様に、三枚肉とかまぼこ、ねぎがトッピングされています。

紅しょうがはありません。ちなみに大東寿司はサワラを漬けにしたものを握った寿司が有名で、これまた本土では味わえない郷土料理の一つです。

人気の沖縄そば店

| 未分類 |

沖縄に行ったら、ぜひ食べてみたい沖縄そば。

でも、数多くのお店が立ち並び、本当に美味しいお店がわからない。

そんな観光客も多くいます。人気の沖縄そばのお店を紹介しましょう。

那覇市にある沖縄そばと海産物料理の楚辺は沖縄の民家をそのままお店にしたような、懐かしい雰囲気のお店です。

三枚肉そばが一番人気で、なんと600円という庶民的な値段、あっさりスープに細めの麺が良くあう、これぞ沖縄そばという一杯を提供するお店です。

沖縄そば専門店いしぐふー小禄具志店は琉球放送の第一回あなたが選ぶ沖縄そば王座決定戦で選ばれた実力派沖縄そばを提供するお店です。

細麺にあっさりスープ、絶妙なボリューム感で、来る人を飽きさせないと評判です。

沖縄市の沖縄そば専門店五星そばは中太麺にあっさり系のスープで、昔からの沖縄そばを再現した味が人気となっているお店です。

その味わいは、スープをペロリと飲み干せるほどと言われ、観光客のみならず地元の人にも愛されるお店です。

その他にも、名店と呼ばれるお店は数多く存在します。自分好みの一杯が見つかるといいですね。

海05

宮古そば

| 未分類 |

沖縄そばの中でも、宮古島で好まれている宮古島で発展した沖縄そばが宮古そばと呼ばれています。

沖縄そばと比べると、細く縮れがない平たい面で、スープが本島の沖縄そばに比べると、あっさりしているのが特徴です。

基本的な具は沖縄そばと変わらない、三枚肉にかまぼこ、ねぎです。

年貢を納めている時代、宮古そばの盛り付け方は独特だったと言われています。

器に三枚肉とかまぼこを入れ、その上に麺を入れ、スープを注ぎ、ねぎを散らすのです。

見た目は、とても質素になりますね。質素に見える、それが目的なのです。

具を乗せられないほど貧しいのです。贅沢はしていません。という表現なわけです。

真実かどうかは今となっては分かりませんが、昔の人はそうやって、賢く生き抜いてきたのでしょうね。

最近では、普通に麺の上に具材が乗せられ、とても美味しそうに見える盛り付け方がされています。

また、お店によっては、机にカレー粉が用意されているところもあり、お客さんの好みで、

カレー粉を加えて食べるというのも、メジャーな食べ方のようです。

豚肉に小麦粉の麺、カレー粉がマッチしないとは考えにくいですよね。

海04

沖縄そばの平均的なカロリーは一人前340kcalぐらいだとされています。

これは茹でた麺の数字なので、これにスープや三枚肉などの具材をプラスすると、沖縄そば一杯で800kcalから1000kcalとも言われています。

麺だけであればそれほど高カロリーというわけではありませんが、具の内容によってはかなりの高カロリーになりそうです。

もちろん、そのお店の作り方、材料の内容によってカロリーは大きく異なります。

自分で作る場合も、あくまで平均的な数字なので、これ以下にもこれ以上にもなる可能性を秘めています。

カロリーがどうしても気になる場合は、自分で作る時は、三枚豚を下ゆでして脂を落とし、さっぱりとした味付けに仕上げると良いでしょう。

麺を揚げることもある沖縄そばですが、揚げないのもポイントです。

スープが美味しくてついつい飲み干してしまいたいところですが、そこはぐっと我慢が必要です。

ただ、カロリーの摂りすぎは確かに体によくありませんが、美味しいものを我慢しすぎるストレスも、体に良いとは言えません。

適度な息抜きとしておいしい沖縄そばをカロリーを気にせず食べるのもありかと思います。

沖縄そばの歴史

| 未分類 |

沖縄のそばというとソーキそばが有名ですが、そのルーツは本土の支那そばだとされています。

明治後期に小麦粉で作る麺料理が普及した際に、本土出身の福永という人が、中国人のコックを連れて支那そば屋を開き、

その支那そば屋が沖縄そばの原点だとされているのです。

そばと呼ばれていながらも、生まれた当初はラーメンに近い存在だったと考えられます。

戦争によって一時は広まった沖縄そばの店も次々と姿を消しましたが、アメリカの占領下で小麦粉が沢山出回るようになってから、

復活を果たし、戦後の混乱期を乗り越え広く普及していったのです。

沖縄そばが確立された頃、小麦粉と塩、かんすいが基本でしたが、かんすいが収取しづらい背景から、

ガジュマルなどの木灰を溶かした灰汁が使用されたこともあります。

今日、この灰汁を使ったそばは、沖縄そばの中でも木灰そばと呼ばれて、分類されています。

沖縄そばは広く庶民の味として親しまれ、カツオや昆布の出汁などが組み込まれ、独自の進化を遂げていきました。

本土のラーメンとは兄弟のような間柄でありながら、その特徴が全く異なるのは、本土と陸続きではない環境と、味の文化の違いからでしょう。

その後、大きなソーキの乗ったソーキそばが沖縄の定番料理になるなど、沖縄にとって沖縄そばはなくてはならないものとなっているのです。

沖縄そばの日

| 未分類 |

沖縄そばの日という日が存在するのをご存知でしたか。

10月17日、それが沖縄そばの日です。沖縄そばの日には少し悲しい生い立ちが存在します。

実は、沖縄が本土復帰後、沖縄そばを沖縄そばと呼ぶことが禁止されました。

本土の蕎麦を使ったそばとは全く違う原材料と、風貌からそばではないというレッテルを張られたのです。

何とも、ひどい言いぐさですね。沖縄の生麺協同組合は、沖縄そばのそばは昔から方言として、多くの県民に愛されていた歴史ある呼称だと、

運動を展開し、その運動が認められ昭和53年10月17日に、公正取引委員会から正式に呼称認定を受けたのです。

ですから、10月17日が沖縄そばの日と制定されたのです。

また、公正取引委員会による全国麺類名産・特産品の認定も10月17日に受けました。

この公式な許可というのは、大変貴重なもので、全国でも10品目程度しか認められていません。

本当の名産品だと認められた沖縄そばは、今や全国に名を轟かせるようになりました。

確かに、こんな素晴らしい郷土料理が、狭い地域だけのものではもったいない気がしますものね。

海06

沖縄そばの作り方

| 未分類 |

沖縄そばには派生した、八重山そばや宮古そばなどもありますが、今回は基本的な沖縄そばの作り方をご紹介します。

麺はそば粉を使わない小麦粉のみで作ります。

強力粉に塩とかんすい、場合によっては卵や重曹などを加えて、こねて寝かして平たくのばして包丁で切ります。

麺の太さや茹で加減はお好みで良いでしょう。スープは豚骨とかつおの削り節から作ります。

豚骨を数時間煮て旨みを引き出し、かつおの削り節で香りとコクをプラスします。

昆布やサバ節を入れる場合もあります。

塩や醤油で好みの味に調えてスープは完成です。

トッピングの三枚豚は皮付きの豚ばら肉ですが、皮付きが手に入りにくい場合はバラ肉でも良いでしょう。

こってりと甘辛く仕上げたものを作ります。

かまぼこはできれば島かまぼこを使うと本格的です。

ねぎと好みで紅しょうがを乗せて完成です。

三枚肉は、作る手間も考えて、市販のソーキやラフティを活用しても良いでしょう。

すべてを自分で作るのは大変かもしれませんが、家庭でも十分に作れる範囲です。

本当に沖縄そばに惚れてしまったら、自分で作ってみるのも面白いかもしれませんね。

沖縄02

沖縄そばの具

| 未分類 |

沖縄の郷土料理である沖縄そばには決められたルールが存在します。

独自に発展した文化ですが、基本的な材料や作り方、具は決められています。

基本の具としては、三枚肉、沖縄かまぼこ、島ねぎ、紅しょうが挙げられ、

お店によってコーレーグスと呼ばれる島唐辛子の泡盛漬けを乗せるところもあるようです。

三枚肉は本土ではなじみの少ない、皮付きの豚バラ肉で、甘辛く煮こんであります。

沖縄かまぼこは、あぶらで揚げたタイプのかまぼこで、地域によってその味は様々のようです。

島ねぎは香りが強く薬味としてアクセントとなります。

お店によっては太めのねぎを使用する場合もありますが、ねぎを乗せることは変わりません。

紅しょうがは沖縄そばのスープを引き立たせてくれます。

紅しょうがではないお店もあるようですが、こちらも具としては欠かせないトッピングです。

これらの具を乗せ、小麦粉で作った太めの麺に、豚・鰹。昆布などの出汁をベースにしたスープであるのが、沖縄そばの基本なのです。

地域やお店によって、その味わいは変わってきますが、味や見た目の違いはあっても基本が同じなので、

その違いを楽しむのも良いのではないでしょうか。

海02