大東そば

| 未分類 |

沖縄県の大東諸島で愛されている大東そばは、手打ちの麺が特徴的なそばです。

実は大東諸島には一軒しかそば屋が存在せず、大東そばと説明をする場合は、実質的にこのお店で出されるそばの事を指すことになります。

大東そばを提供する、元祖大東そばいさ食堂は南大東島にあります。

手打ちの麺は茹で置きなどはせず、生めん特有のコシがあります。

材料は小麦粉に深層水と、灰汁の上澄みを加えて作られ、その昔かんすいが手に入りづらかったころの、沖縄そばの作り方と似ています。

太くて不揃いな麺ですが、非常に人気が高く、今では沖縄本島にも製麺所が作られるほどとなっています。

本島には、系列の店も展開しており、南大東島に向かわなくても、大東そばを味わうことが可能です。

本島にある大東そばのお店では、大東寿司も食べられるということで、寿司と大東そばを楽しむお客さんも多いようです。

スープはあっさり系で、具は沖縄そばと同様に、三枚肉とかまぼこ、ねぎがトッピングされています。

紅しょうがはありません。ちなみに大東寿司はサワラを漬けにしたものを握った寿司が有名で、これまた本土では味わえない郷土料理の一つです。