宮古そば

| 未分類 |

沖縄そばの中でも、宮古島で好まれている宮古島で発展した沖縄そばが宮古そばと呼ばれています。

沖縄そばと比べると、細く縮れがない平たい面で、スープが本島の沖縄そばに比べると、あっさりしているのが特徴です。

基本的な具は沖縄そばと変わらない、三枚肉にかまぼこ、ねぎです。

年貢を納めている時代、宮古そばの盛り付け方は独特だったと言われています。

器に三枚肉とかまぼこを入れ、その上に麺を入れ、スープを注ぎ、ねぎを散らすのです。

見た目は、とても質素になりますね。質素に見える、それが目的なのです。

具を乗せられないほど貧しいのです。贅沢はしていません。という表現なわけです。

真実かどうかは今となっては分かりませんが、昔の人はそうやって、賢く生き抜いてきたのでしょうね。

最近では、普通に麺の上に具材が乗せられ、とても美味しそうに見える盛り付け方がされています。

また、お店によっては、机にカレー粉が用意されているところもあり、お客さんの好みで、

カレー粉を加えて食べるというのも、メジャーな食べ方のようです。

豚肉に小麦粉の麺、カレー粉がマッチしないとは考えにくいですよね。

海04